歴史

 

 

活況の20年代が絶頂を迎える中で、Société des Bains de Merのアドミニストレーター、レネ・リオンは、お客様に新しい娯楽を提供したいと

願い、海から一番近い場所、つまりMonte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)にホテルを建設する決心をしました。彼は、ホテルの建設を建築家のロジェ シサル(1913年 Rome Prizeの受賞者)に依頼しました。1929年、当時の対外関係担当者であったエルザ マクスウェルは、上流社会のメンバーを招待し、これが原因で、ホテルが創業当初から疑いようのない成功をおさめることとなりました。

 

社交界で本物の女王様であったエルザ マクスウェルは、大胆なプロジェクトを計画し始めます。「ベネチアのリドやパーム ビーチと同じくらい素晴らしい」人工ビーチのある宮殿のようなホテルを思い描いていたのです。SBMは、海から数メートルの場所にオリンピック サイズのスイミング プールを建設する方を選びました。

 

70年後、モンテカルロ・ビーチは完全に改修されることとなります。ホテルが指定区域に位置することから、この事業には多大な努力を要しました。ホテルの階をその当時以上に増築することが許可されませんでしたので、ロックをくりぬいて部屋を拡張しなければならず、これには5100万フランの投資を必要としました。景観美を尊重し、外観が損なわれることはありませんでした。カリフォルニアの雰囲気をもつこの施設は、政治家、ビジネスマン、芸術家、スポーツ選手など、イタリア人の間ではLa Dolce Vita(甘い生活)として知られる、永遠のエデンの園のような環境を求める人々を世界中から引き込み続けています。

活況の20年代

1920年代は、疑いなくクレイジーな時代でした。ほぼ一世紀にわたり冬営地をリビエラに確立した上流社会の人々は、夏の太陽への情熱を突如発見することになります。傘に分かれを告げ、パラソルが大流行します。  

 

夏からまた次の夏へ、この高揚感は継続して拡大しました。

フロリダの宮殿ホテルのスタイルを彷彿とさせるMonte-Carlo Beach(モンテカルロ・ビーチ)が1929年にオープンするや否や、モンテカルロの真の威光を表す新しいスポットとなります。アメニティーの品質と印象深い仮装パーティーのおかげもあり、ホテルはサマー リゾートとして、モナコの成功の陰役者となりました。次にモンテカルロは、ラルヴォット ビーチが初の日光浴客を迎える中、夏の行楽者のために新しいシーフロントを提供しました。1928年、Monte-Carlo Country Club(モンテカルロ・カントリー・クラブ)の建設により、テニスが脚光を浴びることとなります。

ルネサンス

リビエラ スタイルの再来!モンテカルロ・ビーチが創設された80年前と同じ、地中海の夢のような眺め。空色やネイビー ブルー、陽光のような黄色と情熱的な赤の色彩の中での新しいエデンの園の再発見。正真正銘の贅沢さと本物の祝福の感覚を徹底的に重視した生活の象徴。

 

インディア マダヴィの想像力により、新しいモンテカルロ・ビーチは、現代的な大改造を成し遂げました。活況の20年代の魅力にインスピレーションを受けた無類の生活の地は、素晴らしい地中海の邸宅の精神をにじみ出させながら、その場所の持つ美しさと無類の生活スタイルの持つ自然な優雅さを融合させました。その後、12か月のうち8か月を過ごせる必須の立ち寄り先となり、優れた伝説的ホテルおよび高級リゾートの一つとして格付けされています。