100%オーガニックへのコミットメント

 

「グリーン化(BE GREEN)」を追求するモンテカルロ・ビーチ(Monte-Carlo Beach) 

モンテカルロ・ビーチ(Monte-Carlo Beach)のCSR(企業の社会的責任)プログラムは、2007年6月にモンテカルロ・SBM・グループ(Monte-Carlo SBM Group)が発足した当グループのイニシアティブのひとつです。2013年、当グループは2013~16年に向けての第2期環境方針を定め、環境、社会、社会的側面の3部から成るCSRアプローチの実現に向けてまい進しています。

 

モンテカルロ・ビーチ(Monte-Carlo Beach)は、2013年6月に定めた当グループの環境方針に基づいた環境に優しい開発を推進しており、以下の 通りに実践しています。 

 

  • ビーチ・ゴーズ・バイオ!Elsa 100% Organicモンテカルロ・ビーチ(Monte-Carlo Beach)のレストランエルザ(Elsa)は、PSCA地域で初めて Ecocert の最も厳しいカテゴリー 3 で「オーガニック」認定を取得しました。レストラン・エルザ(Elsa)のシェフ パオロ・サリは、100% オーガニックの地元の食材を用いた料理を提供しています。
  • タオル&テーブルセットのリサイクル タオルやテーブルセットはすべてMy Drap 社によって提供され、提携の Pacôme Recyclage によって回収リサイクルされます。 
  • 運送ポリシーSaint Jeannet Beach goes bio モンテカルロ・ビーチ(Monte-Carlo Beach)ではクリーンな運送のため、電気車両を使用し、専用の電気自転車ステーションも設置しています。
  • エネルギー対策
    電力消費量に相当する再生可能エネルギーをフランス電力会社(EDF)にて購入。
    • 利害関係者の参加
      ホテルでは倫理的方針に関する意識を高めるため、それぞれに以下の媒体を通して情報を提供しています:チーム(フォーラム、Eニュース、内部ブログ)、顧客(プレスリリース、客室内のパンフレット)。
    • グリーン・グローブ認定
      2014年に、モンテカルロ・ビーチは、モナコのホテルで初めてグリーン・グローブの認定を受けた2つのホテルのうちの1つです。
      グリーン・グローブは、観光産業、ラグジュアリーホテルのために作られた、国際的に知られる認定プログラムです。
      インターナショナルプレステージラベルの基準は次の4つに分かれています。持続的な発展、社会/経済面、文化遺産、環境マネージメントです。321の指標をもって、持続的発展を考慮して、施設を評価します。
      この基準の要求が、「グリーン」の位置づけとモンテカルロ・ビーチの持続的なツーリズムを正式に認定しています。.

 

 

 

 

 

「オーガニックは我々が目指すべき道であり、素晴らしい味と健康をもたらしてくれます」 「オーガニックは我々の味覚を満たし、心と体を健康にします」 シェフのパオロ・サリ

 

 

短期的な私どもの目的は、モンテカルロ・ビーチが、グルメレストラン、フロアサービス、ミニバー、ホテルのバーなどレストラン業において 100%オーガニックのエコ認定を受ける初めてのホテルとなることです。」Danièle Garcelon(ダニエル・ガルスロン)モンテカルロ・ビーチ支配人は語ります。